「健康で文化的な最低限度の生活」とは

ブログ

先日、吉岡里帆さん主演のドラマを見ました。
タイトルは「健康で文化的な最低限度の生活」。

これは、憲法第25条「生存権」の内容ですね。


1.「すべての国民は、健康で文化的な
最低限度の生活を営む権利を有する。」
2.「国は、すべての生活部面について、
社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上
及び増進に努めなければならない」

このドラマを全話見た率直な感想としては、
「生活保護申請」をする人たちも真剣ですし
それを審査して給付する側も真剣だという事。


コロナがまん延し再拡大した現在において
円の価値が下がり物価は上がり生活に直面。
もし、現状維持が困難かもしれない時には
まず、法テラス(無料法律相談)に相談し、
債務のリスケジュールや整理、追加融資等。
総合的に判断して現状回復困難な場合には
自己破産や生活保護等を考えてみましょう。

意外と身近なところにも受給者がいますよ。
リカバリーのために与えられた権利と考え、
まずは相談から初めては如何でしょうか?
保護費給付以外にも住居斡旋などの提案が
受けられるかもしれません。


人生はリカバリーが可能ですから悩まずに
法律家に相談して国民に与えられた権利を
受けて今後の方向性を軌道修正しましょう。


リカバリーしたときは社会貢献で恩返しを。
この世の中は「相互扶助」で成立してます。

polaris

polaris

みずがめ座の管理人が、この「風の時代」に感じている事や身近な情報と独自のTipsなどを発信しているブログです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP