「パレートの法則」

ブログ

「パレートの法則」(2:8の法則)
これは全体の20%が総数の80%を占めるという法則。

例えば、顧客の20%が売上の80%を占める。
または、社員の20%が売上の80%を占める。
そして、所有物20%が使用頻度80%を占める。

日常生活においても有効な法則と言われております。

これを会社運営(社員)に当てはめると、
細分化して20:60:20とも言われます。

それは、
20%の社員が真面目に働き、
60%の社員は普通に働くが
20%の社員は不真面目である。

これは全体人数に関係なく
10人でも100人でも概ね当てはまると言われます。

経営者はどの層を改善するのが効果的で
実際に効率的であるのかを常に考えます。

しかし、下層20%を調整しても
中間層60%から下層20%が発生するという
法則のジレンマに悩まされ苦慮しています。

下層20%のうち仕事の方法がわからない場合は
教えれば改善の余地はありますが、
全くやる気のない対象の場合には苦慮しますね。

やる気スウィッチを探して押してあげるか、
別の人生を歩む様に背中を押すしかありません。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP