「生き方」稲盛和夫

読書・コミック

この方は、京セラの設立者です。

私は、この本を約8年前に手にしましたが、
心に感じるものがあり今も書棚にあります。

とても読みやすく、
今読んでも何かを感じる事ができる本です。

内容は

混迷の時代に「生き方」という杭を。
このような時代にもっとも必要なのは、
「人間は何のために生きるのか」
これを紐解いたお話が満載です。

その中で、
ずっと私の記憶に残っているものは、

プロローグの二項目にある
「魂を磨いていくことが、この世を生きる意味」

それは、
たった一つ滅びないものがあるとすれば
「魂」であり試練を「機会」として捉え
生まれた時より少しでもましな人間になる。

即ち、美しく崇高な魂をもって死んでいく。
と表現されていたことに感銘を受けました。
それ以後は、その様に意識を高めています。

その他にも数多くの著書を送り出してます。

例えば、
「考え方」とか「心」など
Amazonなどで検索すれば出会えます。
是非、稲盛ワールドを感じて下さいね。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP