「裁断機」と「スキャナー」について

ブログ

「裁断機」と「スキャナー」を購入しました。

専門書等の書籍が多いので困っていましたが、
全ての書籍をデータ化して永久保存する事に
トライしてみました。

最初はカッターで裁断して複合機でスキャン。
しかし、一冊だけトライして嫌になりました。

とにかく大変!!

そこで色々と検索して「名機」を知りました。
FujitsuのScanSnap-ix1300(スキャナー)と

DurodexのSTACK CYTTER200-DX(裁断機)です。

まずDurodexのSTACK CYTTER200-DX(裁断機)で
書籍を裁断しますが、かなりの厚みでも裁断可能です。
またカットラインを赤い電光でマーキングされるので
狙ったカット幅を的確に裁断できます。

次にFujitsuのScanSnap-ix1300(スキャナー)ですが
付属アプリ起動しGoogleドライブにデータスキャン。
なんとOCR機能付きなのでデータ変換も楽なんです。
スキャン特化した製品なのでオフィス複合機より優秀。

気になるお値段は
Fujitsuオンラインshop(PFU)のセット価格で購入、
送料税込71,500円でした。総合的にコスパgoodです。

書籍は「著作物」なので「著作権侵害」にならない様、
「私的使用」範囲に限定して書籍データ化しましょう。

polaris

polaris

みずがめ座の管理人が、この「風の時代」に感じている事や身近な情報と独自のTipsなどを発信しているブログです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP